Home > 骨盤のゆがみチェック
各ページのタイトルイメージ

骨盤のゆがみチェック

 

ここでは、簡単にできる骨盤のゆがみチェック方法をお伝えします。
(あくまでも参考程度です。)

 

1つ目の方法

・仰向けになって、床に寝る(両足の幅は、肩幅くらい。)

・両手の親指を、左右それぞれの骨盤に付けたまま、中指を床につける。

・その高さの差があれば、骨盤が歪んでいる可能性があります。

 

2つ目の方法

・背筋を伸ばし、正しい姿勢で正座する

・その状態で、肋骨のもっとも低い位置に左右それぞれ親指をつける

・そして、その他の指で骨盤のもっとも高い位置までの長さをさぐり、
左右の違いを比較してみる。その長さに違いがあれば、骨盤が歪んでいる可能性がある。

 

上記の方法は、少々わかりづらいのですが、
もっと簡単にチェックする方法があります。
(これも確実とは言えませんので参考までに。)

 

それは、仰向けにまっすぐ寝た時に、
両脚の長さが極端に違っている場合、

骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

 

これは、一人でチェックするよりも、
誰かもう一人、自分が寝ている状態でチェックしてもらうと
わかりやすいと思います。

 

しかしながら、 日本人女性の多くは骨盤に歪みがあると言われています。

山田式骨盤ダイエットでは、その歪んだ骨盤を効率的に矯正することが可能です。

その結果、ダイエットはもちろん、その他女性特有の悩みも解消されます。

更には、山田式独自の胸郭呼吸の実践により、

バストアップ、ウエストダウンが実現できます。

 

 

次のコンテンツ:山田式骨盤ダイエットの返金保証について