jazzを楽しむ jazzを演奏する アルバム コラム アンケート その他 リンク
おすすめのサックス教材(教本)

おすすめのサックス教材(教本)を紹介するページです。

私はサックス専門店をやっております。また自身でも学生時代にサックスを演奏しておりました。ですのでここでは、サックス専門店の店長の立場から、そしてアマチュアサックス奏者の立場からおすすめのサックス教材や教本をご紹介したいと思います。

このページを読んで下さっている方の多くがサックスの教材や教本を探しておられる方になるのだろうと思います。
そしてサックスの教材や教本を探しておられるという事は、恐らく初心者〜中級者の方、特には初心者の方が多いのではないかと思います。
教材や教本を探している理由は、一日でも早くサックスを上達したいからだと思います。


そのように考えると、教材や教本よりも一日も早くプロ奏者の個人レッスンを受けて下さいとお伝えしたくなってしまいます。
その理由は、やはり本やビデオ等だけでは伝わらない大切なことをプロ奏者の個人レッスンでは得る事ができるからです。
とにかく早く上達するためには、プロの音をとにかく聴く事。そしてその音を自分の記憶に残し、同じような魅力的な音色を奏でられるように真似する事です。

 
しかしそのように結論付けてしまうと、これ以上このページでお伝えする事がなくなってしまいますので、ここではおすすめできる教材や教本をテーマに書いてみようと思います。


先ほど、サックス上達の近道は、教材や教本で学ぶよりもプロ奏者の個人レッスンを受ける事とお伝えしましたが、しかし、まったくの初心者の方の場合、サックスを演奏するための最低限の基礎知識や基礎トレーニングは先に身に付けておくことがある意味有効かもしれません。
全く知識のない状態では、プロ奏者のレッスンの内容がすんなりと頭の中に入ってこない危険性もあるかもしれなと考えるからです。
そういう意味では、まずは基礎的な所を教材や教本で学ぶという事も悪くありません。

私自身、サックスを始めようと一番最初に購入したのは、やはり本屋さんで見つけた教本でした。その教本には、サックスの簡単な歴史から取り扱い方、各部の名称、咥え方、息の入れ方等々が書いてあり、更には簡単な曲の楽譜が掲載されていたように思います。
その教本を見ながら、掲載されている男性の口元を参考にアンブッシュアと呼ばれるものマスターしようと悪戦苦闘したような記憶があります。何しろ今から30年ほど前の話ですので、今のようにサックスのビデオ付き教材等も当時はありませんでした。今思うと、やはり写真と文章だけではとてもわかりづらくその教本だけで基本的サックスの吹き方を覚える事は困難でした。

その後、サックスの教室に通ったり、大学の先輩に教わったりしながら基本的な奏法を学びましたが、サックス演奏に関しての悩みに明確に答えてくれる人は私の周りには残念ながらいませんでした。

そんな時、その道のプロと呼ばれる人の指導内容はやはり素晴らしいと感じたことがありました。それは、当時、日本の代表的なジャズサックス奏者として有名だった佐藤達哉さんのジャズサックス教材を見た時でした。その教材にはDVDが付いており、というよりDVDの教材で、実際に講師である佐藤さんの奏法に関しての考え方等、ビデオでわかりやすく解説されており、プロ奏者の方と触れ合う機会のなかった自分にとって衝撃的な出来事となりました。

やはりプロが教える事は質が違うと感じたんです。自分で悩んでいたことの一部が、そのビデオ教材で解消した思いでした。その後、DVD付のサックス教材等、色々と世の中に出てくるようになりましたが、その後の私の20数年間の間、サックスの教材や教本を探したという記憶はありません。

その理由は、地方から東京に出てきて、現役でバリバリ活躍しているプロ奏者の個人レッスンを受けられる環境に身を置くようになったからです。

しかしその後、サックス専門店をやるようになったり等の理由から、サックスの教材や教本等について、改めてリサーチをしたりする機会もありました。数十年前と比べ、今ではビデオ付き(DVDですね)が当たり前、今からサックスを始める人は恵まれているなあ、という印象を受けました。

そして感じたことは、サックスと言えばジャズ、ジャズのアドリブを練習するためのサックス教材や教本はたくさんあります。役に立ちそうなものからあまり役に●●なそうなものまで。。
しかしこれからサックスを始める方には、ちょっと理解がしづらいのでは?という内容のものが多い気がしました。どうしても説明が足りないんですね。更には、理屈が多く楽しめない、、楽しめないからそこに書かれた内容を中々実践できないというものが多い気がしました。恐らくこのページを見てくれている人の多くは、これからサックスを始めたい方だと思いますので、それらを紹介するのは今一つだと感じます。

そこでご紹介するべき教材は、まったくの初心者の方にもおすすめできるような、そして現在でもプレイヤーとして活躍しているプロ奏者によって制作され、更には楽しみながら実践できるような教材や教本が適しているのだと思います。

そのような観点で見つけたのがこの教材です。

もちろんこの教材通りに練習する事によって、プロレベルにまで上達出来るという事ではありません。但し、サックスを演奏するための基本的な知識や奏法が身に付けられると思いますし、何よりもサックスで演奏する楽しさをも体感する事ができるはずです。
相性の悪い先生にサックスの個別レッスンを受ける位ならば、この教材で勉強した方が効率的かもしれません。

私も全く知らないような人の教材をご紹介する事はさすがにできませんが、この教材の制作者である吉野ミユキさんという方、一方的に良く知っています。(ちなみに吉野さんは、私の事を知らないと思いますが笑)。

以前、個人事業として日本のジャズメンたちを取り上げた動画サイトをやっていましてその時に東京都内の有名ジャズスポットの取材活動を行っていたことがあるのですが、吉野さんはそれらジャズスポットにも良く出演し活躍をされていました。バリバリの現役ミュージシャンですね。
更にはサックスの教本自体も出版されており、レッスン(指導)実績も豊富です。このようなプロプレイヤーの方であれば、私としては安心してご紹介する事ができるわけです。

 



おすすめのサックス教材

吉野ミユキさんのサックス教材

しかしここでこれからサックスを始める方に絶対に抑えておいていただきたいことがあります。それは、楽器やマウスピース等の道具は必ず良いものを使うという事です。
これは私がサックス屋という立場から強くお伝えしたい部分になります。
もしかしたらまだサックスを始めて間もないのだからそんなに良いものでなくてもよいのでは、、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、初心者だからこそ良い道具を使わなくてはなりません。
良い道具と言っても値段の事ではありません。マウスピースで言うのであれば、ちゃんとバランスの整った鳴りやすいあたりのマウスピースを手に入れるという事です。

是非とも良いサックス、道具、そして良い教材を活用してサキソフォンという楽器を楽しんで頂ければと思います。





top

Copyright(c) 2004 jazzsmie All Rights