あなたがjazzスポットに求めることは?
あなたは、ジャズspotに何を求めますか?
おいしいコーヒー?落ち着いてjazzを聴くことができる空間?それとも他のjazzファンとの交流の場?
あなたのjazzspotの利用法、こんなジャズspotがあるといいな、こんなジャズspotは行きたくない等々、皆様の御意見をお寄せ下さい。
意見を言う!

■最低限度はPAに気を使ってほしいものです。 お店に一人はオペレーターが適当でも出来る従業員がいるといいですね。その意識が希薄でだらしないお店は気付いてほしいもの。 掃除の行き届いていることも必要なことです。お客に汚いところは見せてはいけないと思うのです。

■ジャズ喫茶に求めることはとくにありません。それぞれ、いろんな行き方があると思います。
ミュージシャンと同じで、どこも頑張ってやっています。

■音楽にオープンな考え方の店。

■実は客として行った事がないのです。 ただ、ジャズ喫茶でライブをやったことは何回かあります。 正直、求めることは思い浮かばないですね。

■こだわったていたり、こだわらなかったり、目指していたり、何となくであったり‥、それぞれ、いろいろな在り方であっていいのかな、と思います。
(お客さんとして考えた時でも)行く時は、行く方で選ぶような気がします。)

■思い付きで作ったような“ジャズ・ライブ・バー”はミュージシャンにちゃんとギャラを支払うべきだと心得ましょう。(ジャズ喫茶はそのへん意外ときっちりしています)

■コーヒーがめちゃおいしい店。そっと一人にしてくれる店。常に1940〜60年代のメインストリームジャズをキープしてくれる店。
逆に、オーナーがやたら自分のポリシーばかりを主張して喋り捲る店、賑やか過ぎる店は、困る。

■良い音楽と、良い音楽家を育てる気持ち。

■あまり行かないけど、昔の雰囲気は残していて欲しいです。

■ジャズマニアじゃない人が楽しめる店、がもっとあっていいと思う。

■ジャズは劇場で演奏されることもありますが、基本的にはクラブで生まれた 音楽です。客との距離が近く、楽屋がない場合も少なくありません。
したがって、この独特のジャズ的音楽環境は、デリケートなものです。演奏する側、店を経営する側、客の側、すべてが上質な礼儀をわきまえていないと、 ぶちこわしになる可能性が高いものだと思います。しかし、このすべての条件がうまくいった場合には、ジャズ・クラブでしか起こりえない、音楽的な感動が生まれます。これは劇場にはないものです。
ライブ・スポットという仕事ははミュージシャンと共に、上質の音楽を世に発信する共同作業であると思っております。画家と画廊、漁師と魚市場のような関係です。ジャズ・ミュージシャンの演奏を前提とする商業活動ですから、通常の店舗営業に比べて、ミュージシャンの分だけ人件費がかかるわけであり、経営上、ジャズ・スポット特有の難しさがあると思います。したがって、当然我々ミュージシャンの側にも、音楽の勉強以外にも、音楽の周辺に関する様々な努力が必要な時代であると思っています。(集客の努力、ファン・サービス等)またお店の側としても、ミュージシャンが最良の演奏をできる環境の整備に努力をして頂きたいと思っております。
次へ

jazzsmileTOPへ