夏に聴きたいアルバムを教えて!

〆夏に聞きたくなる曲ですが、今現在は特に無く、高校生の頃、学校から直帰して部屋を暗くして、暑い中ヘッドフォンで大音量で聞いていたディープパープルのLive in Tokyoの1曲目の『Highway Star』を思い出します。なぜなら、最初にもらった教則本の中にこの曲があり、指から血が出るまでチョーキング練習をしたのを覚えています。
それと、ラジオから流れていた吉田拓郎の『夏休み』という曲が思い出されます。(如月達さん)

〆曲:NO.1 Rickie Lee Jonesの「Chuck E:s in love」
  理由・・・高校生の頃にFENラジオで日曜日の昼頃かかってて、(テープにとってた)テニスプレーヤーだったその当時を思い出すから。(10〜20歳までやってました)
曲:NO.2 Bobby McFerrinの「Don't worry, be happy」
  理由・・・アメリカ留学、2日目でホームシックにかかって、(情けない)いつもキャンパスの木陰で泣いてたら、J.Tというあだ名の黒人の学生が、私を通り過ぎるたびに歌ってくれた曲。当時のヒットチャートベスト1だった曲ですね。懐かしいです。
曲:NO.3 George Shearing & Mel Tormeのアルバム、 「An evening with George Shearing & Mel Torme」より、「Good morning heartache」
  理由・・・このライブ版のアルバム自体、夏の夜に、よく聴くから。この曲はGeorge Shearing & Brian TorffのDUOなんだけど、暑さを忘れるくらい、引きずり込まれますね。ワケもなく涙が出るから。(三尾真貴子さん)

〆夏といえば、クイーン!
1982年6/5 英国ミルトンキーンズボウル「ホットスペース」ツアー最終日の収録盤‘QUEEN ON FIRE live at the bowl’暑さも吹き飛ばす熱さ!!凄いスピード感!!!
「いやはや、今日も暑いねぇ〜、」などとは言ってられない、超あつあつの2枚組アルバム。客席も大合唱していて、一緒に歌えば、もう、あっち側の世界です‥。
各曲全部、全編トータルで楽しめる、夏のお超お気に入りです〜!濃くパワフルにブッ飛びたいあなたに。。是非!

〆夏になるとなぜかsly & the family stoneのthere's a riot goin' onを聴きます。
ただれた感じが、雰囲気にマッチするのかもしれません。(平沢亨さん)

〆夏と言えば、tube(笑)でも曲では有りませんね。やっぱりボサノバやサンバ等の音楽がこの時期は良いみたいですね。曲としてよりジャンルの方が強いですね。(横路竜昇さん)

〆私の場合オリバー・ネルソンの「ブルースの真実」の「ホーダウン」です。高校2年の時西宮北口のジャズ喫茶で聞いていたと思うのですが、薄暗い空間、ギンギンに冷えた空調、冷めたコーヒー、そして甘酸っぱくも熱かった16歳の感傷をいまでも、その空気感と共に思い出します。「ブルースの真実」はレコードもCDも持ったことは一度もありませんが、隅から隅まで憶えています。若い頃の吸収力はすごいですね。

〆夏に聞きたくなる曲は「六甲おろし」ですね!
ビールのみながらサンテレビの野球中継を見て阪神が勝ったら六甲おろし!最高です。
次へ

jazzsmileTOPへ