ミュージシャンになるきっかけとなったアルバムは?

〆ジャイアントステップス/ジョンコルトレーン
(小学校5年の入院していた時に、母親が買ってきて、ベットの上で毎日何回も聴いた隣に入院していた方も音楽好きで二人で何回も聴いてて、病院中に鳴り響いていた。)

〆J・コルトレーンの「バラード」ですね。

〆ジャズに興味を持つ前段階になりますが、バンドで引き立つピアニスト/キーボーディストを目指すきっかけとなったアルバムです。“西遊記”(ゴダイゴ)
ポピュラリティを得ながらも、実力派的・先駆的でもあり、海外をもターゲットにしている点が、中学生だった自分にとって憧れの的でした。

〆キース・ジャレット氏の「ケルン・コンサート」です。

〆igor Stravinskyの兵士の物語

〆4歳の時に家で「TAKE FIVE」を聴くのが大好きだったので。
勝手にレコードに針を落としていたので。。。幼稚園で七夕の短冊に「大きくなったらピアニストになりたい」と書いてその後からピアノを習い始めたので、きっかけは”曲:TAKE FIVE”です。

〆マイルスデイビスのRelaxinです。

〆ジミースミスの THE CAT です。

〆A Love Supreme / John Coltrane
学生時代にはGuitaristを夢見ていたそうですが、Jazz喫茶で聴いた上記Albumの衝撃と、その後Saxophoneを手にしたきっかけは偶然の一致ではなかったのだろうとのことです。
そういった意味で、Saxophone奏者としてMusicianになるきっかけを与えた作品となります。

〆中1の終わり頃コピーしたモーニンがジャズの曲弾いた初めての曲です。Art Blakey/Moanin'

〆BILL LASWELL PRESENTS NEW AFRICA(LP/CBS ソニー)1986FELA ANIKULAPO KUTI/TOURE KUNDA/MANU DIBANGO

〆ミュージシャンになるきっかけとなったアルバムはありませんが、よーく聴いていたのはカーメンマックレイのザ・グレイトアメリカンソングブックです。

〆DUKE ELLINGTONの「NEW  ORLEANS SUITE」

〆アルバムではなく、きっかけの1枚はドーナツ盤のシングルレコードでした。
ディオンヌ・ワーウィックの「マイケルへのメッセージ」です。アルバムでは、その後買った 「Make Way For Dionne Warwick 」ということになりますが。

〆絞るのは難しいですが、渡辺香津美さんの「おやつ」と言うアルバムは、子供の頃にかなり聞きました。

〆JOE HENDERSONのビレッジバンガードのライヴ盤です。
ロン・カーターとアル・フォスターのトリオの。ハッキリアルバム名覚えて無くてすみません!

〆ナイチンゲール/ジョージ・アダムス
…今の自分の演奏が、必ずしもアダムスの影響を受けているとは言えないかもしれない。
しかし、フュージョン小僧だった私が、心で演奏するアダムスに深い感銘を受け、結果として、ジャズでメシを食ってるのも事実。蛇足までにプレイヤーとして影響を受けているのは、ウィントン・ケリーです。ケリー・ブルー最高!

〆レッドツエッペリン 狂熱のライブ

〆映画「グレンミラー物語」のサントラ盤。ユニバーサルスタジオのオーケストラだったような気がします。


コンテンツTOPへ
jazzsmileTOPへ