jazzをこれから聴いてみたい方へ
jazz初心者の方へ当ページでは、jazzを聴いたことはないけど、jazzのことが気になっている方へお勧めしたいアルバムをご紹介してみます。
少々長いですが、もしお暇な方は、jazzsmile管理者がjazzにはまっていくまでのお話にお付き合い下さい。
「そんな話聴きたくない!オススメのアルバムだけ教えてくれ!」という方は、青色のリンク部分だけご覧下さい。(ただし、jazz以外のアルバムも紹介していますので、ご注意を!)
jazzsmile管理人、年は16才。
その当時、気に入っていた音楽は、ビリージョエルやエルトンジョン。
特に、ビリージョエルのThe Stranger に収録されている「just the way you are」が大のお気に入りでした。(jazzsmile管理人にとって、とても優しく、さわやかで、心地いい曲だったのです。)

あまりに気に入りすぎて、何度も聴き返していたある時、ビリージョエルの歌声ではない「別の音」が気になりました。

その音というのは、この曲の間奏を担当している、フィルウッズのアルトサックスの音だったのです。
(当然そのときは、フィルウッズがjazzの世界では有名なアルトサックス奏者であるということは、知る由もありません。)

それからというもの、その間奏の音が気になって気になって仕方がありませんでした。
jazzsmile管理人は、フィルウッズという人のことを調べる事にしました。
そして、フィルウッズという人が、jazzアルトサックス奏者である事を確認したのです。

しかし、jazzsmile管理人は、jazzではなく、saxという楽器の音色に関心を持ってしまいました。

また、当時、金曜ロードショーのテーマで流れていたピエールポルトオーケストラの「フライデーナイト・ファンタジー」という曲も気に入っていたのです。
(どこかの国の港の夕日の情景のバックで流れていた曲です。これはトランペットで奏でられている音楽ですが、その当時、サックスの音色と、トランペットの音色の区別がついていませんでした。)

次のページ

jazzsmileTOPへ