jazzsmile過去のお気に入り
画像クリックで詳細表示
2006年2月

体質に合うjazzを聴いた時、私の右足は勝手に反応してしまいます。いつのまにか、リズムを刻んでいるのです。
本アルバムは、初めて購入したピアノトリオのアルバム。今でも私の愛聴盤です。
4曲目のAimost like being In Love等を聴くと、右足君は、超絶好調、となります。

妻はそんな私を見て、『貧乏ゆすりは、やめてよ!』と、言います。
次へ
jazzsmileTOPへ