jazzsmile過去のお気に入り
画像クリックで詳細表示
2005年10月

スパイクロビンソンとアルコーンの2テナーアルバム。軽めのスパイクロビンソンと、ブリブリ系のアルコーンの音が混ざると、こうなります。選曲もよく、全曲とおして楽しめるアルバムだと思います。特に、おすすめするのは4曲目の『Rustic Hop』。二人のソロを聴き比べると、楽しいです。私は、このアルバムをきっかけに、一時期、スパイクロビンソンにはまりました。
次へ
jazzsmileTOPへ