jazzsmile過去のお気に入り
画像クリックで詳細表示
2004年8月

彼が、日本で知られるようになった時。
確か、7,8年前の夏ではなかったでしょうか。音色の深みに欠ける等と、批判的な意見も多かったと思います。しかし、古いスタイルを愛し、純粋にjazzを楽しんでいると思われる彼の音には、jazzファンであれば誰でも共感できるのではないでしょうか。「ペニーズフロムヘブン」では、我々に楽しさを、「ポルカドッツアンドムーン
ビーナス」では、癒しを与えてくれます。
また、ジョンピザレリのサポートも最高です!
次へ
jazzsmileTOPへ