第五回 How toディキシーランドジャズ
アメリカ独自の楽器「バンジョー」>
アメリカの歴史は非常に浅く、楽器といえば、太鼓以外は、ほとんど全てヨーロッパより渡ってきた楽器と言っても良いでしょう。この太鼓に関しても、アフリカの移住民が持ち込んだ、という事になります。
そんな中にあって、アメリカ独自の楽器と言えば「バンジョー」という事になります。
偶然ですが、日本にも同じような楽器「三味線」が有りますが、音を大きくする為に使われ、響かせる皮は「三味線」がネコに対して、バンジョーは牛、又は馬になります。
動物の皮はその日の天候により「音の鳴り」が変わってきますので、現在では全天候型用にプラスティックが使われています。
チューニングの仕方も他の弦楽器と同じく数種類か有りますが、ディキシーランドジャズに使われるバンジョーは通常、「テナーバンジョー」とよばれ、「ド、ソ、レ、ラ」分かりやすく言えば、バイオリン族の「ビオラと同じ」です。
バンジョーというと、どうしても技術的、又、音色的にも「ディキシーランドジャズ以外には使用される事が少ない」といっても良いでしょう。
ウエスタンミュージックで使われるバンジョーは5弦で、ギターにより近いチューニングとなり、フィンガーピックで単音にて演奏される事が多く、ディキシーランドジャズのテナーバンジョーとは一線を隔しております。

読者「バンジョーの歴史は、波瀾万丈(バンジョー)等と、くだらない洒落を言わんで下さいよ」

講師「てやんでー!甘く見ちゃーいけないよ。朝弾いても晩ジョーとはこれいかに。グワハッハッハッ・・・・・」

<トランペットの役目>
やはり、楽器の特徴上派手な音の出る楽器といえば、「トランペット」という事になります。その様な訳で主メロディーを「トランペット」が中心となり演奏される事が多くなります。
「ニューオリンズミュージック」と呼ばれていた初期は、どの様な楽器を使ったとしても、「ユニゾン」(全員が同じ音)で有っただろうと想像されます。いずれにしても、「トランペット」の音の大きさ、派手さには勝てず、クラリネットなどは、より高い音で張り合った事でしょう。
次へ

コンテンツTOPへ
jazzsmileTOPへ