第四回 How toジャズ・アドリブ
読者「おメーさんの、ノーガキ良―分かった。どうでもイイけど、クドクドと落語がどーの、日本語がどーの、だったらドーすりゃアドリブが出来るっチューねん?サッサと教えんかい!こちとら江戸っ子バッテン、気が短いでござる」
講師「まーまー、そう慌てなさんな」ところで貴方、どこの国の、いつの時代の人ですか?

ジャズという文化は、1900年初頭に、アメリカはニューオリンズで、黒人達の間に生まれているのは良くご存じだと思います。
まず、自分が演奏したいのは、いつの時代のジャズか、ジャズの種類はディキシーランドジャズか、ビーバップか、ボサノバか、アフリカンミュージックか、はたまた、ヒュージョンか・・・・・・。

もはや、現在では「ジャズと言って全てを一括りに出来ない」時代になっています。

もしジャズを統一するとしたら、全てのジャズに相通じる「ジャズのスピリット」、日本語で言えば「ジャズ魂」とでも言えば良いかな・・・・・・・・。
次へ

コンテンツTOPへ
jazzsmileTOPへ