第四回 How toジャズ・アドリブ
と言う訳で、大ざっぱにジャズを年代順に並べると
「ディキシーランドジャズ」tp.ルイアームストロング他
「スイングジャズ」cl.ベニーグッドマン bib.ライオネルハンプトン他 
「カンサスジャズ」piano カウントベーシー T.sax.レスターヤング他
「ビーバップ」sax.チャーリーパーカー tp.ディジーガレスピー-他
「クールジャズ」tp.マイルスデビス他
「ファンキージャズ」drum アートブレーキー他
「フリージャズ」tp ドンチェリー sax. エリックドルフィー他・・・・・・・・。
「ヒュージョンジャズ」tp.・sax.ブレッカーブラザース他

現在(ここ14〜5年)の傾向として、日本を問わず、世界的に、ウイントンマルサリス等に代表される若きプレーヤーによる、「4ビートを中心としたストレートアヘッドなジャズ」が主流といっても良いようですが・・・・。
次へ

コンテンツTOPへ
jazzsmileTOPへ