とりとめのない欧州からのアネクドート(小話)
第1話

ベルリンに移り住んで18年。今だ身につかぬヘタクソ独逸語に我ながら愛想つかしつつも、ジャガイモがたとえ御飯代わりであっても美味しく食べ、キチンと税金も納め、数年間大学で教える羽目になり暮らしていた時期もあったし (それが果たして社会のお役に立っていたかどうかはイザ知らず),日本に里帰りするときは、来月日本へ行くヨ!という気分であるから、もはや まぎれもないベルリン市民になってしまったワと近頃は思っている。

日本に住んでいたとき、西洋の音 (クラシックでもジャズでも現代音楽であっても )を奏でるときに,何か別の空間に身を置いて演奏していたような感じ、あるいは切り取られた時間を過ごしたような、ともすればピアノの響きが日常との関わりと遠いような薄いような、そういった漠然とした違和感が今はほとんどないと言える。

それはアジアという領域の中ではなく、西洋音楽の歴史と伝統を誇る国に住んでいて、セイヨウ楽器であるピアノを弾いているから当然!ということではない。
いつも音楽を考えている、感じている事の出来る時間がたっぷりあるからだと思っている。
“皆で渡れば怖くない式”にアクセク生きているうちに、肝心なものをどこかに置き忘れてきてしまったような日本での暮らしぶりを思い出すにつけ、ここでは音楽との時間が暮らしの中にとても密着した関係で毎日が過ぎてゆく。
フラリと自転車に乗って気楽にジャズクラブを聞くとか、芝居を観に行く、そういった事がベルリンっ子達にとっては、日常の中でごく当たり前という感じでどうやら組み込まれているようで、音楽というもの、もしくは文化などと呼ばれているものが、何か特別に構えた存在ではないからかも知れない。

今回 ぜひとも紹介したい素敵な音楽家、私とテイシュがぞっこん惚れ込んでいるミュージシャン、名前は RUDOLF MAHALL(ルドルフ マハール )、通称ルデイ。彼はニュールンベルグ出身のバスクラリネット奏者、ベルリンに越してきて10年目 38歳。
192センチという背高ノッポのてっぺんには、昔わが家の茶の間に転がっていたキューピーのような髪形、ちょっとおとぼけのにくめない顔が乗っかっている。これほど想像力豊かに自分の音を素直に表現出来て、スウング感に溢れた音楽家は居ないと思う。この数年での彼の活躍ぶりはめざましく、欧州のジャズファンをすっかり虜にしてしまった。
次のページ

jazzsmileTOPへ