佐渡”ゆかた”文彦プロフィール

<佐渡文彦プロフィール>
佐渡”ゆかた”文彦
1969年 山口県生まれ 射手座 O型
小・中・高と、東京・横浜で過ごし、その時classic violinを始めた。信州大学在学中、jazz研究会を主宰、jazz guitarを柳原達夫氏に師事。その後、独学でjazz violinに転向、長野県内外でlive concert活動を細々と展開。一応、営業もそれなりにこなしていた。(その為に2年留年)大学卒業後、京都で就職。更に細々と、京都市内のjazz spotでsession等に参加。

現在、京都府立与謝の海病院・耳鼻咽喉科副医長兼、京都府立医科大学・耳鼻咽喉科学教室・助手。専門は、“めまい”“音楽療法”など。丹後の地にて「“与謝スタヂオ”と“宮津スタヂオ”」、京都・洛西“物集女スタヂオ”、の主に3箇所で練習、Recording、創作活動に励み、京都・北近畿・を中心に、来月は東京へも進出予定です。
(日本耳鼻咽喉科学会認定・耳鼻咽喉科専門医。音楽検定3級取得、日本めまい平衡医学会、日本耳科学会、日本聴覚医学会、日本音楽療法学会、日本東洋医学会各学会会員)
前のページへ


jazzsmileTOPへ