第3回

<信大JAZZ研再建>
 信州大学ジャズ探究会として、三人でホソボゾと活動を開始したのが、1990年(平成2年)の夏くらいでした。K君(piano)、I君(drums)とくりゃあ、私はbassを演ろうということになり、高校時代のband仲間からずーっと借りていたelectric bassを引っ張り出して、なんちゃってピアノトリオを結成。
練習場所を求めて、肩身の狭い思いをしながら、医学部軽音楽部の部室を借りたりしてました。そのうちジャズ好きな連中が集まり、部員が増え、徐々に勢力を拡大して行くのです。(途中、探究会改め研究会に改名)

 そうなると、益々練習場所兼集合場所としての“部室”が欲しくなります。
医学部の軽音からはかなり嫌がられていたため、徐々に理学部の軽音部室を借りることが多くなりました。(医学・理学両軽音の皆さん!この場を借りて感謝の意を表します)
 部室を手に入れるためには、年に1回開催される「全学サークル総会」で承認され、空いている部室(即ち廃部になるところも必要)を得票の多い順からgetしていけるというルールがあり、その為に、組織票を確保するため前年からダミー・サークルを作るなど、涙ぐましい努力をしました。
その甲斐あってか、遂に1995年(平成7年)(…だったと思います)、部室をgetできたのです!
次へ

目次へ
jazzsmileTOPへ