気まぐれコラム
<ジャズの中にロック魂>
ご無沙汰していました。このコラムもまた今回から復活致しますので、よろしくお願いしますね。
さて、今日のテーマは 「ジャズの中にロック魂」です。

ちょっと音楽の事を考え過ぎて疲れてしまった時に、音楽で癒されてみました!
それはどういう事かと言うと、今普段聴いている海外のジャズやソウルミュージックから離れてみるんです。
子供の頃、小学校中学校高校と聴いていた音楽を引っ張り出して聴いていた。当時聴いていた音楽ってものは、その時の気持ちを思い起こしてくれるものだから!

年齢がバレてしまうけど(ってか公開してるけど)、高校生の頃はユニコーンやプリプリ、ボーイ、レピッシュなどが流行っていて、私はその系のオリジナルバンドで歌を歌っていました。(笑)ガンガンにディストーションのかかったギターのフレーズを聴くと今でも、心がワクワクする。これはその頃を思い出すからなんでしょうね。
今やっている事と全く方向性もパートも違うけど、だからこそ癒されてしまうのかな?ガンガンのディストーションギターの音にね(笑)。

その事によって、夢とか必死だった頃の事を思い出させられる。当時は何も怖いものなんて無かった位の勢いだった。「保守的」なんて言葉も全く無関係だった。そんな頃の「ロック」が今でも好きだ!だから今やっている音楽の中でもそのロック魂は忘れない!そんな気持ちで、これからも沢山沢山練習して、怖いものを無くして行って、良い音楽を作っていけるように、また 、ジャズやソウルサックスを演奏し続けたいと思います。

それから忘れないで下さい、「幼い頃の自分」は、いつでも自分の事を見ているし、常に応援してくれていますよ!

さぁ、次は「浪花魂」でも語ってみようかな。(笑)

前のページへ

jazzsmileTOPへ