jazzミュージシャンインタビュー企画
 
jazzsmileTOPへ

.............................jazzsmile..........................


毎月、日本で活躍中のjazzミュージシャンを紹介していきます。

第29回 【 渡辺雄一(ds)】

<渡辺雄一profile>
1978年8月4日、香川県高松市で生まれる。
中学1年より、ジャズ・フュージョンなどの音楽に熱中し、コンピュータミュージックを始める。
高校1年より、本格的にドラムを始め、高校2年からは、四国内のライブハウス及び、ナイトクラブ等の仕事で、連日レギュラー出演する。
高校卒業後上京、ジャズ音楽学校の草分であるルーツ音楽院のドラム講師西川喬昭氏に師事し、以降5年間ほど、師匠のボーヤ(*)を務め、師匠を始めとする日本の一流ジャズメンに、ジャズの道を学び、鍛えられる。
1999年、リーダーバンドの渡辺雄一カルテットで、モントルー・ジャズフェスティバル In Japan(東京国際フォーラム)に出演し、スティービー・ワンダーの前座を務める。
2000年、沢田俊祐(p)カルテットで、第20回浅草JAZZ祭に出演し、銀賞を受賞。
スタジオワークでは、NHK教育「すくすくネットワーク」のオープニング&エンディング曲をレコーディングする。
昨今では伝統芸能とも言える、4ビートジャズ、いわゆる、正統派ジャズを継承した、演奏スタイルを得意とする。
とりわけ、古き良き、スタンダード・ジャズを愛し、唄心あるドラミングで、歌伴にも定評があり、数々の人気ボーカリストのバックを務めることも多い。

現在、リーダーバンドや、サイドメンとしても、六本木を中心に首都圏及び全国各地で演奏活動中。
(*)ボーヤとは、心に決めた師匠に弟子入りし、楽器の運搬・セッティング(今で言うローディー)や、カバン持ちから雑用まで(今で言う付き人)の、忠義を尽くした奉仕により、JAZZ界への道を切り開く、勉強&経験をさせてもらう、下積みのこと。

渡辺雄一Web : http://www7.big.jp/~lomi/zzja/


Q1;現在の主な活動を教えて下さい。
都内ジャズクラブ・ライブハウス、結婚式やパーティー等と、下北沢の【タカギズ・ホーム】というスタジオで個人レッスンもやってます。


Q2;いつ頃からjazzミュージシャンになろうと思われたのですか?何かきっかけがあったのでしょうか?
ジャズ系の音楽は中学1年(13歳で)から両親の影響で聴くようになりました。
17歳で社会人バンドに入り本格的にドラムを始め、沢山ライブをしてるうち、この世界にのめりこむ事に・・・
気が付けばネクタイ締めて地元のライブハウスやナイトクラブで演奏してまして・・・
その頃からギャラ貰って演奏してました。
それで、もっと勉強して上手くなって生涯の仕事にしたいと思ったのがきっかけです。


Q3;jazzをどのようにして習得されたのですか?
高校卒業後、18歳で上京し、師匠西川喬昭氏の※ボーヤとして5年ほど勉強させていただきました。
師匠はとても男気があり、面倒見の良い方で、たまにですが師匠のライブでは一流のミュージシャンと一緒に演奏させて頂いたり、アドバイスを頂いたりして、とても勉強になりました。


Q4;影響を受けたミュージシャンは誰ですか?
ジョージベンソン、オスカーピーターソン、ローランドハナ、ベニーゴルソン、ジョンコルトレーン、フィーリージョージョーンズ、ルイスナッシュ、エルビンジョーンズ等、その他たくさんで書ききれませんね^^;
あと、もちろん師匠です!フレーズなど、ドラミングも良く似てると言われます。


Q5;現在使用している楽器の種類を教えて下さい。
【メイプルのネギドラム3点セット】

●バスドラ18”×14”、タム12”×9”、フロアタム14”×14”
●スネアはパールの単板メイプルの14”×5,5”
●シンバルはイスタンブール19”のメルルイス・モデルと Aジルジャン17”Thinクラッシュのブリリアント仕上げ
●ハイハットシンバルはトップはターキッシュのミディアム14”、 ボトムはKジルジャン14”
※写真のシンバルは20”Kジルジャンコンスタンチノープルのライトと、
18”Aジルジャンのミディアムシン




Q6;演奏する時に(ライブの時)、一番気にされることは何ですか?
客席の綺麗な女性・・・あっ、違います。ウソです^^;
やはり、リズムは気にしますね。
あと、他のプレーヤーの音には細心の注意を払うため常にアンテナ張ってます。


Q7;音楽を通じて、一番伝えたい事は何ですか?
ライブならではのジャズの楽しさ。


Q8;jazzミュージシャンを目指している人にアドバイスをお願いします。
周りをよく聞き、他のプレーヤーとの音楽での会話を楽しみましょう!


Q9;これからjazzを聴いてみようという方に、jazzの良さを教えて下さい。
ジャズではアレンジ等で曲のイメージがガラリと変わります。
同じ曲でも、アップテンポの4ビート、ミディアムテンポの4ビート、サンバ、ラテン等など、様々に演奏されます。
その違いを聴くのも楽しいと思います。
また、演奏メンバーが1人変わるだけでもガラッと雰囲気が変わります。
好きなプレイヤーの違うメンバーのバージョンを聴くのも楽しいですよ。
そして、やはりジャズはアドリブを楽しんで欲しいですね。
これは是非ライブ版のCD&DVDをお勧めします!なんたって”熱いアドリブ”は鳥肌ものです。
これでハマったらライブでその生音を楽しんでみては!?
スピーカーから聞こえる音とは違う生演奏ならではの感激がありますから・・・


Q10;jazzミュージシャンになっていなかったら、どんな職業に就いていたと思いますか?
綾小路きみまろ


Q11;普段jazz以外で好んで聴く音楽があれば教えて下さい。
基本的にジャズが好きなのでそれ以外はたまにですが、ボサノバ、ラテン系の音楽、演歌。


Q12;告知事項等があれば、お願い致します。
ライブはもちろんですが、今後生徒が増えましたら発表会!?
ジャムセッション!?出来たらいいなと思っています。

Copyright(c) 2004 jazzsmile All Rights Reserved