jazzミュージシャンインタビュー企画
 
jazzsmileTOPへ

.............................jazzsmile..........................


毎月、日本で活躍中のjazzミュージシャンを紹介していきます。

第31回 【 麻生ミツキータ光希(Vocal)】


photo;akiko kubo/
hair;miwako kimura(KAMIO/shinjuku)
<麻生光希(Vocal) 〜あそう・みつき〜 Profile>
東京都町田市出身。ニックネーム及びミドルネームは「ミツキータ」。(スペイン語でミツキちゃんの意味♪)
祖母は詩吟の師匠、母は元クラブ・シンガーと云う音楽一家に育ち、7歳よりクラシック・ピアノを始め、歌手を志す。 17歳より本格的なVocal Lessonを開始、18歳でプロ・デビュー。JAZZに感銘を受け、ドリー・ベイカー氏(Vo)にJAZZを、アリシア・カニングハム氏(Vo)にVoiceTrainingを師事。数々のステージを経て「麻生光希&SUPERFRIENDS」を結成。’97年9月;「有馬 徹ノーチェ・クバーナ」との共演をきっかけにLATIN音楽にも傾倒。’98年
10月;1st.CD「THE HEAT IS ON!」発売。’99年6月;キューバの国民的イベント「ボレロ・フェスティバル」に出演、好評を博す。多彩な音楽性とパワフルで確かな歌唱力、エンターテイメント性溢れる華やかなステージングには定評が有り、類希な「LATIN系JAZZ Vocalist」として幅広いファン層を得ている。そのタレント性からFM局パーソナリティー、ブライダル及びイベントのMCとしても活躍。多くの後進の指導にもあたる。2000年12月;長年の共演者で信頼関係の厚い・砂田知宏(p,arr)リーダー、各楽器のスペシャリスト18人編成による「砂田知宏BIGBAND☆feat.麻生光希」(通称;砂田BB.☆)を旗揚げ。企画及び看板Vocalistとして人気を博し、多方面より注目を集めている。
又、solo及び3人〜7人編成による「ミツキータJAZZ倶楽部」及び「ミツキータ&パワフル☆アミーゴス」での活動も精力的に行っている。「日々の出会いと感動に,,,さんきゅう幸せ♪」を人生テーマに、ハートフルな「ミツキータJAZZ」で各地にて熱いステージを展開中!
♪特技;小物パーカッションを演奏しながらの歌唱。MC。
♪趣味;ダンス(SALSA、SAMBA)、キティ・グッズのコレクション、語学勉強、美味しい物を食す事。♪レパートリー;約300曲。(JAZZ、LATIN、POPS etc,,,)
現在;六本木【SATINDOLL】、赤坂【B♭】、横浜【BarBarBar】他、有名LIVE店にレギュラー出演中。有名ホテルに於いてのイベント、ブライダル・ショウ等に多数出演。国内最大級の各種・国際展示会@【東京ビッグサイト】、【幕張メッセ】、【神戸国際展示場】内ステージに於いて、自己のBANDにて6年連続レギュラー出演。ホテル、レストラン等に於いてのディナー・ショウ、JAZZ及びLATINのコンサート、フェスティバル等にも多数出演。2005.10月、2006.4月;個性的なシンガー役で舞台女優としてもステージに立ち、更なる新境地を拓く。 JAZZ専門誌「JAZZNIN」(2006.2月〜3月号)に紹介記事掲載、その圧倒的な歌唱力を絶賛される。2006.9/24;弦楽四重奏をfeat.した新ユニット「弦砂光楽舎」(げんさこうがくしゃ)の初LIVEを開催予定。
★2004年度「第20回 日本ジャズヴォーカル賞」より「特別奨励賞」受賞!
ミツキータHP;http://www.kiwi-us.com/~mitsuki/



Q1;現在の主な活動を教えて下さい。
都内・横浜のJAZZ-LIVE、ホテル・ラウンジ等にレギュラー出演中。
企画も担当する「砂田BB.☆」の定期LIVEは六本木【SATINDOLL】に於いて年に6〜7回のペースで行っています。コンサート、イベント、フェスティバル、ディナー・ショウ、パーティー等、、様々なシーンに御声掛け頂いています。
ブライダル・シーンに於いて「歌のプレゼント付きMC」としても御呼ばれ頂いています。新郎新婦さん始め、来場の皆様に好評を頂いています。
又、VoiceTrainner、Vocal講師として多くの後進の指導にもあたり、趣味の「JAZZ-Vo.講座」も開いています。年に二回ペースで生徒さんの「発表会LIVE」も主催。素晴らしいプロ・ミュージシャンのサポートの下、JAZZ-LIVEの楽しさを実感して下さる生徒さんの姿は、実に感動的です。

Q2;いつ頃からjazzミュージシャンになろうと思われたのですか?何かきっかけがあったのでしょうか?

photo;akiko kubo
18歳後期です。JAZZの生演奏を聴き、ストレートにシビれました!笑。
ミュージシャンやVo.の方のステージ演奏を通してのLIVEな「やり取り」がとてつもなく楽しそうで、、カッコ良くて、憧れました☆又、LIVEを聴いているリスナーの方々の反応も凄く心地好さげな感じで、、
自分には計り知れない世界だけれども、「是非自分も体感してみたい!」との熱い思いが、急速にJAZZと云う音楽に向かってダーーーッと走り出した感じでした。誰も私を止められなかったと思います。笑。
御仕事的に「貴方の声質なら、JAZZとか洋楽に向いているんじゃないか??」と温かく助言して下さった方が居たりもして。。本人、すっかりその気になって行きました。笑。
又、今になって振り返ると「ルパン三世」のサウンド・トラックのアルバムとか、、BIGBAND-JAZZ系のアレンジの物を子供の頃、好んで聴いていましたねぇぇ。
ブラスのサウンド感や「決め」がビシッとあるのが、爽快で「カッコイイ!!!」の一言でした。
まさか、将来的にBIGBANDを企画する様になる等とは夢にも思ってもいませんでしたが!


Q3;jazzをどのようにして習得されたのですか?
既にプロシンガーを志し、Vo.Lessonと平行してクラブ・シンガーとして活動を始めてはいたのですが、JAZZって音楽は、実に難解なイメージで、、右も左も判らない未だ18歳のガキンチョ(!)的には、独学ではとても進められそうにないと感じました。
JAZZ雑誌の情報を得て「完全プロ志向」の歌い文句に惹かれ「澤田靖司JAZZ Vocal School」に入門、三年間通いました。その間にJAZZ-LIVEのオーディションを受け、何故か合格。笑。
恐れを知らず、セッションLIVEを開始。笑。
JAZZ仲間と「リハーサル・バンド」なんかもやっていました。
JAZZ漬けの日々の中で、徐々に自分のやりたい音楽の方向性も見えて来て、自己のリーダー・ユニット等も持つ様になって行きました。
その後;ドリー・ベイカー氏、アリシア・カニングハム氏に師事。
ドリー・ベイカー氏は現在アメリカ在住ですが、当時は日本在住。元々憧れのVo.で、最高のエンターティナー。
何時もワクワクしながらLessonに通っていました。
どんな曲を持って行っても「ドリー節」でのswingした御手本歌唱を聴かせて下さり、 感動の連続でした。五年間に渡り師事・・私の恩師です。
他にも声楽やVo.Trainnig専門の先生、、LATINを歌うにあたり、LATIN-Vo.の先生にも師事。現場での実践とLesson、、その二本立てで進めて来た感じです。又、多くのアルバムを聴き、暇さえあればLIVEやコンサート、舞台等に足を運びました。私はVo.ですが、インスト物も大好きです!
JAZZを志した御陰で、退屈する暇のない刺激的な人生を歩んで来た感じです。笑。


Q4;影響を受けたミュージシャンは誰ですか?
チック・コリア、マンハッタン・トランスファー、スティーヴィー・ワンダー、セリア・クルース、セルジオ・メンデス etc..


Q5;現在使用している楽器の種類を教えて下さい。
色々と「小物パーカッション」にチャレンジしています♪
LPのギロ、LPのハンド・カウベル、シェイカー各種(特にトウモロコシ、ゴーヤの形の物を愛用)、渋谷の【YAMAHA】店頭で見つけた民芸品みたいな小振りのマラカス、横浜・元町の【チャイハネ】って民族系の御店で一目惚れした「ミニ・ジャンベ」、神田の【宮地楽器】で一目惚れした「OCEAN-DRUM」→波の音がするヤツです。笑。


Q6;演奏する時に(ライブの時)、一番気にされることは何ですか?
精神集中〜自分のエネルギーを音に注ぎ込む事。各曲にイメージ、カラーを持たせる事。


Q7;音楽を通じて、一番伝えたい事は何ですか?
「今を生きている」「今を生かされている」事に、心からの感謝。
音楽を通して出会えた方々への「敬愛」。
「日々の出会いと感動に・・// さんきゅう幸せ♪」 ミ★(*^-゜)v Thank you★彡 


Q8;jazzミュージシャンを目指している人にアドバイスをお願いします。
JAZZは「自分を表現出来る」自由な音楽です♪
熟練した分、余裕も出来て面白く変貌可能・・流行やインスタントな物では無く、研鑽すればする程、
その奥の深さ、素晴らしさを実感される事でしょう。
よく「黒人風」「白人風」等と云われますが、私は「ジャパニーズ・JAZZ」的「黄色いJAZZ」が在ってもイイのでは?と思っています。
JAZZの歴史を学び、名演や名唱に触れる事はプロになる場合必要不可欠ですが、その後「自分らしいJAZZ」を見つけて行く事は自分自身と向き合う事にも繋がります。
最終的には人の真似ではなく、自分流の「swingし捲くり」及び「grooveし捲くり」の心地好い音楽を創って行くのがBESTかと・・// はい!


Q9;これからjazzを聴いてみようという方に、jazzの良さを教えて下さい。
同じ楽曲でも、様々なアーティストが取り上げる事によって多種のアプローチがあるかと思います。「え? これって、同じ曲ですか??」みたいな。
テーマ=御題はあっても、定義はない。これが実に面白いです!
JAZZって、人と人との「会話」みたいな音楽です。
例えば、一人のミュージシャンが入れ替わったら;全体のサウンドが変わって来る。
で☆やはり、JAZZの醍醐味はLIVEステージです。LIVEに行かれたら、是非耳を澄ませてみて下さい。
音に向き合う事で、そのアーティストの人間性までもが透けて見えて来ますよ。
本当です・・うーん、実に怖いですねー!?? 笑。


Q10;jazzミュージシャンになっていなかったら、どんな職業に就いていたと思いますか?
photo;masako kuramochi
特に今は思い浮かばないですが・・ 雰囲気的にファッション関係ですかねぇ。笑。
生まれ変わったら、是非ダンサーになってみたいです。笑。
身体を使って自分を表現出来るって、物凄い事ですよね。


Q11;普段jazz以外で好んで聴く音楽があれば教えて下さい。
LATIN系全般→キューバ系、ブラジル系、スパニッシュ系、、黒人系POPS、ゴスペル etc..
ジャンルに関係なく「良いなー」と思えば、何でも柔軟に聴きます♪


Q12;今後の活動予定を教えて下さい。
結成から六年目を迎えた「砂田BB.☆」のレコーディングを思案中。
所謂;王道のBIGBANDサウンドと云う感じではなく、JAZZ,FUSION,POPS,LATIN etc.多彩な楽曲を全て気鋭の「砂田知宏・オリジナルアレンジ」にて熱く展開しているBANDです。
百戦錬磨のメンバー揃い◎ 皆さん、要・チェックですよー!笑。

それから今度、弦楽四重奏をfeat.した「弦砂光楽舎」(げんさこうがくしゃ)と云うユニットを新たに立ち上げます☆ 熱い「砂田BB.☆」に対して、こちらではちょっと涼しげなサウンドを・・と考えています。

自分的には、もっと・もっと音楽性に幅のあるVo.を目指して進みます。
JAZZを聴いた事のない方々にも「JAZZってこんなに楽しい物なんだ!」と思って頂ける;ワクワク感のあるLIVEステージをこれからも創って行きたいです。

スケジュールはHP→http://www.kiwi-us.com/~mitsuki/ 内に随時UPしています。
今後のオススメLIVE;2006.9.24@赤坂【B♭】 *「弦砂光楽舎」初LIVE!
2006.10.30@六本木【SATINDOLL】 *「砂田BB.☆」36th.LIVE!
マメにHP内・blog日記もUPしています。「食いしん坊」かつファンキーぶり??炸裂の「御食事日記」との呼び声が高いです。楽しんで頂ければ幸いです。笑。

これからも更なる自己研鑽を積み、熱きJAZZ人生を進んで参ります。
是非ZEHI応援の程、宜しく御願い致します♪


麻生光希 with Super Friends『THE HEAT IS ON!』

1.THE HEAT IS ON!2.SMILE 3.彗星 4.黒猫のタンゴ
5.COME MY SPRING 6.A NIGHT IN TUNISIA 7.IN MY LIFE
8.JUST THE WAY YOU ARE 9.MY WAY 10.VAYA CON DIOS
麻生光希(vo)、砂田知宏(syn,p,arr)、古川初穂(p)、
グレッグ・リー(e-bs)、菰淵樹一郎(e-bs,a-bs)、野呂尚史(ds)
斉藤 純(ds)、横山達治(perc)、佐藤達哉(ts,ss)
http://www1.kiwi-us.com/~mitsuki/album/album.html

Copyright(c) 2004 jazzsmile All Rights Reserved