jazzミュージシャンインタビュー企画
 
jazzsmileTOPへ

.............................jazzsmile..........................


毎月、日本で活躍中のjazzミュージシャンを紹介していきます。

第18回 【 羽根渕道広(Ts,Fl) 】

< 羽根渕道広 PROFILE >
1972年3月3日3時30分東京産。独身。
中学時代、吹奏楽部でフルートを手にしバッハのフルートソナタなどを中心に6年間クラシックを独学する。
明治大学入学後、同大学ジャズ研究会に入部。
チャーリー・パーカーの演奏に衝撃を受けAlto Saxを始める。
その頃、ルーツ音楽院に入学。三木俊雄に師事(2ヶ月)。
その後、ハンク・モブレー、スタン・ゲッツ、ジョー・ロヴァーノなどの
影響を受けTenor Saxに転向。プロとして活動を開始。
<略歴>
1998年10月、King Record より“ジャズ新鮮組”のCDに参加、リリース。
1999年3月、小林陽一率いるジャズ新鮮組でNHK FMセッション505に出演。また、大坂昌彦Session Live(NHK FMセッション505 Live中継)にも出演。
2000年11月、TBM(Three Blind Mice)30周年記念LIVE。スイートベイジル139出演。Jazz Life誌に取り上げられ好評を博す。
2002年3月、渡米(NY)。ミュージシャンとの交流を深める。
2002年10月、韓国演奏旅行。帰国後、都内横浜を中心に演奏活動をする。
2003年7月、オリジナル曲を中心に自己のグループを結成。活動開始。
2004年5月、つくばビッグバンドコンテスト2004でYAMAHA賞 優秀ソリスト賞を受賞。(審査員 前田憲男、北村英治、エリック宮城)
2005年1月、西尾健一(Tp)Groupに参加。
また後進の育成としてジャム音楽学院でSAXの講師を勤める。(敬称略)


Q1;現在の主な活動を教えて下さい。
羽根渕道広4。レッスン。


Q2;いつ頃からjazzミュージシャンになろうと思われたのですか?何かきっかけがあったのでしょうか?
大学4年生の時。就職活動に遅れをとったのがきっかけ。


Q3;jazzをどのようにして習得されたのですか?
習うより慣れる。


Q4;影響を受けたミュージシャンは誰ですか?
チャーリー・パーカー。

Q5;現在使用している楽器の種類を教えて下さい。   
H.SELMER MarkY(米)11****
Q6;演奏する時に(ライブの時)、一番気にされることは何ですか?
全体のバランス。
Q7;音楽を通じて、一番伝えたい事は何ですか?
感動。


Q8;jazzミュージシャンを目指している方にアドバイスをお願いします。
音楽的な成長と人間的な成長は比例する。


Q9;これからjazzを聴いてみようという方に、jazzの良さを教えて下さい。
その人がそのまま出る。


Q10;jazzミュージシャンになっていなかったら、どんな職業に就いていたと思いますか?
音響、建築、デザイン関係。


Q11;普段jazz以外で好んで聴く音楽があれば教えて下さい。
特にない。


Q12;今後の活動予定を教えて下さい。
<今後のスケジュール>
6/2 (金)<MANHATTAN> 阿佐ヶ谷 TEL 03-3336-7961 jam session  25時〜
6/7 (水)<491 House> 元町中華街駅 TEL 045-662-2104
羽根渕道広( ts / fl ) 関根彰良( g ) 川村竜( b )
6/15 (木) <Left Horse>  JR 横浜線  中山駅北口 徒歩2分 八千代銀行並び
TEL 045-931-6603 20:00〜
高橋節( b )5 featuring 沖野ゆみ( vo )
羽根渕道広( ts ) 塩川俊彦( g ) 奥吉聡子( p ) 矢藤健一郎( ds )
6/16 (金)<MANHATTAN> 阿佐ヶ谷 TEL 03-3336-7961 jam session  25時〜
6/17(土) <Blue Train> 松戸  TEL 047-367-0870 金井塚 秀洋( ds ) Trio +
6/19 (月)<491 House> 元町中華街駅 TEL 045-662-2104
羽根渕道広( ts / fl ) 関根彰良( g ) 川村竜( b )
6/26 (月) <KAMOME> 関内 TEL 045-662-5357 羽根渕道広 Trio
羽根渕道広( ts / fl ) 中村新史( p / key ) 鳥越啓介( b )

Copyright(c) 2004 jazzsmile All Rights Reserved