jazzミュージシャンインタビュー企画
 
jazzsmileTOPへ

.............................jazzsmile..........................


毎月、日本で活躍中のjazzミュージシャンを紹介していきます。

第35回 【 赤松敏弘 (Vib) 】

プロフィール
愛媛県松山市出身。バ−クリ−音楽大学(米・ボストン)ヴァイブ専攻ジャズコンポジション科卒。ヴァイブをゲイリー・バートン、マリンバを安倍圭子に師事。 3歳からピアノ、11歳からジャズに傾倒し13歳から独学でヴァイブを始める。16歳からマリンバを安倍圭子氏に師事。高校(作陽高校音楽科/岡山県)時代からジャズを始め、大学在学中よりローカルミュージシャンとライブハウス、TV等で共演。 卒業後上京し自己のグループを結成、ライブやスタジオワークを始める。"ANNEX82"「ベストプレ−ヤ−賞」「審査委員特別賞」「ゲスト審査員賞(ジョージ・デューク)」を受賞。 85年バークリー・イン・ジャパンでゲイリー・バートンに認められ翌年奨学生としてバークリー音大でヴァイブと作曲を専攻。「ゲイリー・バートン・アワード」「プロフェッショナル・スカラシップ」「89年度バークリー・ジャズコンポジション・マグナコムラデ」等受賞。在学中には小曽根真、スクーリ・スビレッセン等と共演。 89年夏バークリー卒業後帰国、市川秀男、鈴木良雄、日野皓正らのグループに参加、自己のグループでも各地ジャズフェス、ライブハウス、FM、TV等に出演。 スタジオワークではオリジナル・ラヴ、藤本恭子、大塚雄一、マルカート、鈴木雅之、bird、角松敏生等のアルバムに参加。
ジャズ&インスト系CD「アンファンIII/フィーチャリング赤松敏弘」(ポリドール)「ナウズ・ザ・タイム・ワークショップ(オムニバス/赤松敏弘A-Project、Duet w/道下和彦(g)収録)」(BMGファンハウス)「Next Door /赤松敏弘」(VME)リリース。 01年5月、ヴァイブ・ソロによる完全即興演奏に初チャレンジした音楽環境番組「Eco Music Colors」スカイパーフェクTV! オンエアー。 02年12月、ジャズ界のベテラン市川秀男、鈴木良雄をゲストに迎え、ユキ・アリマサ、村井秀清、NEXT DOOR等新進の若手を一堂に介した話題のアルバム「SIX INTENTIONS/赤松敏弘」TBM/スリーブラインド・マイスをJVC-xrcd24として世界初リリース。国内・海外で大きな反響を呼ぶ。03年11月、ゲストにジャズギターの大御所、中牟礼貞則(g)を迎え、ユキ・アリマサ(p)Duo、ニュークァルテット、84's リユニオン・バンド等多彩な編成を用いジャズスタンダードとオリジナルで綴ったTBM第2弾「Still On The Air/赤松敏弘」(03年度スイングジャーナル誌ジャズディスク大賞日本ジャズ賞ノミネート)リリース。05年赤松・アリマサDuoとドラムレスEnsによる「SYNERGY/赤松敏弘」を6月に、宮崎隆睦、須藤満、井上信平、村井秀清、小山太郎等新メンバー2種コンボによる「FOCUS LIGHTS/赤松敏弘」を10月に、VMEレーベルから連続リリース。

演奏活動以外でも音楽ライター、プロデューサーとして活躍。 ・CDライナーノーツ/ 「Chuck Loeb/LISTEN」GreenEnargy GECH8023 「Kim Waters/ONE SPECIAL MOMENT」<Shanachie/米 SHANACHIE 5062 「THE DIZZY GILLESPIE Alumni All-Stars」Shanachie/米 SHANACHIE 5040 「Mars Lasar/11:02」EarthTone/豪ETD-7802 「Kevin Toney/Strut」<Shanachie/米 SHACD5077他、・プロデュース「in the meeting of your love/MIHOYO」BlueBlood/BLBD-0001、音楽配信シリーズ「VMEレーベル/au着うたTM「着JAZZ」「Neo Healing Classicシリーズ」「au着うたフル」等。

赤松敏弘公式web : http://members.aol.com/vibstation/vib-info.index.html

Q1;現在の主な活動を教えて下さい。
ライブ、コンサート、スタジオワーク、作編曲、クリニック&レッスン。


Q2;いつ頃からjazzミュージシャンになろうと思われたのですか?何かきっかけがあったのでしょうか?
小学5年の時からジャズを聴き始め、それまでに無い音楽への興味を持った事。中学2年の時に人前で初めてジャズを演奏してからミュージシャンになろうと思った。その時は共演者などいなかったから自分でオケを作って流しながらヴィブラフォンを演奏した(笑)。その後高校の音楽科にピアノ科で入り、1学期間ですぐにマリンバ・パーカッション専攻に転科した。ヴィブラフォンの基礎を勉強する為で最初から計画的だった(笑)。13才の頃からヴィブラフォンは独学で演奏していたけど、全国の高校(音楽科)を調べてもヴィブラフォンの先生などいなかったし、ましてジャズを教える学校も無かったから演奏の基礎はクラシックにあると割り切った。


Q3;jazzをどのようにして習得されたのですか?
中学の頃からレコード(当時)と一緒に演奏する事から始めた。最初はアドリブ(インプロ・即興)という意味がよくわからず、全て丸暗記していた。いわゆる耳コピ。高校になってジャズのコンサートやライブに行くとレコードで耳馴染んだ曲が途中で全然違う演奏になっていて、それがショックで丸暗記はやめた。その時にコードネームという物が
ある事を初めて知って(それまではレコードを丸暗記したもののメロディーフェイクをソロだと思っていた)少しずつ勉強した。
大学の頃には一応形にはなっていたし、実際にいろいろな所でジャズを演奏していたので問題はなかったけど、周りの誰もジャズの構造を教えてくれない(クラシックの学校だから)し、手に入る譜面は殆どがスタンダードばかりでそこに記載されたコードが自分で聴いていた音源とはかなり違っていたり、やりたい音楽(例えば誰かのオリジナル)の譜面がまったく手元に無かった。そこで気に入った曲があれば何でもアドリブを除いたテーマの部分を譜面にする事を始めたら、いろんな音楽を冷静に分析する事に繋がってアドリブのコピーを練習するよりも数倍勉強になった。
後年バークリーに行ってその事が自然にジャズを体得する方法だったと知った。


Q4;影響を受けたミュージシャンは誰ですか?
ゲイリー・バートン(vib)、マイルス・デイビス(tp)、ジョアン・ジルベルト(vo&g)、ビル・エバンス(p)。


Q5;現在使用している楽器の種類を教えて下さい。
Vibraphone:Musser M55 (A=440)と(A=442)各1台。

Q6;演奏する時に(ライブの時)、一番気にされることは何ですか?
リラックスと緊張感のバランス。

Q7;音楽を通じて、一番伝えたい事は何ですか?
自分と同じような事がやりたいと思う人達に勇気を与える事と、自分と同じような事に居心地の良さを感じる人達と
時間を共有する事。


Q8;jazzミュージシャンを目指している人にアドバイスをお願いします。
形にこだわり過ぎない事。理論も様式も論評も全て「後追い」なのでそれらを先に頭に入れてしまうとドメスティックな音楽しか浮かんでこない。ジャズ以外の音楽もたくさん楽しむ事。常に頭の中には最新の音を持つ事が肝心。過
去のジャズに対しても尊重すべき事は尊重し、それ以外の部分は自分で作り上げるべき。後ろ向きの音楽は良くないと思う。


Q9;これからjazzを聴いてみようという方に、jazzの良さを教えて下さい。
いろんな音楽の中にジャズの影響はあります。ロック、テクノ、オルタナにだって音楽の構築の中にはジャズと共有出来る部分があります。まず自分がジャズっぽいと思う入口が見つかれば、そこから歴史を前後にバランスよく聴いて行くと、より身近な音楽になります。楽器を使ってこれほど個人的に楽しんでいる音楽は無いと思います。


『FOCUS LIGHTS』05年10月発売(VME)
6枚目のリーダー作。宮崎隆睦(sax)井上信平(fl)ユキ・アリマサ、村井秀清(p)須藤満(el-b)武田桂二
(ac-b)小山太郎(ds)。参加メンバーを二つのグループに分けてT.モンク、V.フェルドマン、B.ゴルソンらのミュージシャンズ・スタンダードからオリジナルまで多彩に。
詳細・購入先:
http://members.aol.com/vibestat2/vib-info.page-7.html#Disc


Q10;jazzミュージシャンになっていなかったら、どんな職業に就いていたと思いますか?
画家かシェフか小説家、あるいはIT起業家か。。。共通するのは自分のアイデアを生かせる職業でしょうね。そういう職種の人達と話すのが大好きですから。


Q11;普段jazz以外で好んで聴く音楽があれば教えて下さい。
クラシック(フランス近代以降)、ボサノヴァ、ジャンルじゃありませんが移動の車ではJ-WAVEを掛けっぱなしでいろんな音楽の情報を聴いてます。


Q12;告知事項等があれば、お願い致します。
東京の若い世代のミュージシャンとのセッションを一つ一つ形にして行く予定です。また東京以外のミュージシャンとも何か形になる事をやりたいと思っています。アルバムはそれらを含む形でリリースする予定です。
詳しくはHPやブログで。
HP : http://members.aol.com/vibstation/vib-info.index.html
Blog : http://diary.jp.aol.com/rswbx7nu/


『SYNERGY』05年6月発売(VME)
初めてのドラム、ベースレスによるアルバム。井上信平(fl)松島美紀(marimba)ユキ・アリマサ、村井秀清(p)
が参加、ベテラン&若手と綴ったスタンダードからオリジナルまで。究極のチェンバー・ジャズ・ミュージック
詳細・購入先:
http://members.aol.com/vibestat2/vib-info.page-7.html#Disc

Copyright(c) 2004 jazzsmile All Rights Reserved