jazzミュージシャンインタビュー企画
 
jazzsmileTOPへ

.............................jazzsmile..........................


毎月、日本で活躍中のjazzミュージシャンを紹介していきます。

第15回 【 KEN G(jazz saxophonist & composer) 】

プロフィール
1967年山口市出身。中学2年の頃独学でアルトサックスを始める。高校在学中山口 市のジャズスポット"ポルシェ"にてセッションを重ね、高校を卒業後上京し音楽学校で2年間ジャズの基礎を学ぶ。その後アルトからテナーに転向し、日本ジャズ界の鬼才・植松孝夫氏に師事。'89年"万有韻力"を結成し"新宿ピットイン"を中心にライブ活動を開始。'91年NHK-FM"セッション'91"に自己のバンドで出演し全国的に知られる。'95年"THE REASON"、'96年"BULL'S EYE"、'97年"Two Face"を発表。ジャズ雑誌 などの高い評価を受ける。'05年6月にはカナダのToronto Downtown Jazz FestivalでSAN MURATA TRIOにゲスト出演し好評を博す。同年10月にトロントで同地のミュージシャンと録音したアルバム "Last Winter"、"Tenderly" を2枚同時リリース。
 現在福岡市在住。豊かな音色と幅広い音楽性と兼ね備え、即興性の高いユニット"in g air"のほか、様々なユニットで九州・山口を中心に関東・関西など全国的に活動を展開している。
公式サイト:http://www.geocities.jp/kengsax/

Q1;現在の主な活動を教えて下さい。
九州・山口を中心に関西や関東でもライブやイベントで演奏しております。
去年よりカナダ・トロントでもライブやレコーディングなどで活躍。


Q2;いつ頃からjazzミュージシャンになろうと思われたのですか?何かきっかけがあったのでしょうか?
中学2年生の頃アルトサックスを手にし、その頃プロになりたいと思いました。
学校の勉強で音楽が一番嫌いだったし苦手だったのに、当時CMによく出ていたナベサダなどの影響でサックスを手にしてからジャズにはまり、これしかない!と思いました。


Q3;jazzをどのようにして習得されたのですか?
中高時代はサックスの奏法もアドリブも独学。
高校卒業後、東京の音楽の専門学校メーザーハウスにて一通りのことを修得しました。
その後、テナーに転向して植松孝夫氏に師事。植松さんには精神的な部分を学ばせていただきました。
Q4;影響を受けたミュージシャンは誰ですか?
もちろん沢山いて書ききれませんが、サックス奏者を数人挙げるとするとJoe Henderson, Barney Wilen, Dexter Gordon, Houston Person,そして師匠の植松孝夫氏です。


Q5;現在使用している楽器の種類を教えて下さい。
tenor SELMER REFERENCE 54 SELMER Soloist F Rico 3
soprano YAMAHA YSS-62 SELMER F Rico 3

Q6;演奏する時に(ライブの時)、一番気にされることは何ですか?
自分自身が楽しんでいるかどうか。
Q7;音楽を通じて、一番伝えたい事は何ですか?
音楽を通じて、何か他の物を表現したいとか伝えたいとかはありません。ただただ音を体で感じて聴いていただけたら幸せです。


Q8;jazzミュージシャンを目指している人にアドバイスをお願いします。
本当に尊敬している人に習った方がよいと思います。


Q9;これからjazzを聴いてみようという方に、jazzの良さを教えて下さい。
生演奏を聴いて、その瞬間にその場で生まれている音を感じることが出来れば、もう病みつきですよ。
ジャズライブしているお店に思い切って入ってみましょう!そして音楽も出会いです。
ジャズに出会うことによって人と出会い、人と出会うことによってまたジャズと出会う。良い出会いがあるといいですね。


Q10;jazzミュージシャンになっていなかったら、どんな職業に就いていたと思いますか?
農業

Last Winter
1. The Reason (KEN G)/2. Crazy She Calls Me/3. Peacocks/4. That's All/5. G Blues (KEN G)/6. What Is This Thing Called Love?/7. You Go to My Head/8. Willow Weep For Me/9. Last Winter (KEN G)/10. Spring Can Really Hang You Up The Most
KEN G(ts,ss), DAN IONESCU(g), JACK ZORAWSKI(b),special guest SAN MURATA(violin)Jazz Exchange Project CANADA-JAPAN jex-05001
http://catfish-records.ocnk.net/product/1205



Q11;普段jazz以外で好んで聴く音楽があれば教えて下さい。
ボサノバ、ブルースなども時々聴きます。


Q12;今後の活動予定を教えて下さい。
5/4(木)21:00〜中洲"JUMP HOUSE" 092-281-7052
5/5(金)21:30〜福岡 "Namazu" 092-752-6687
5/6(土)21:00〜中洲"trombone club" 092-281-1515
5/10(水)20:00〜中洲 "RiverSide" 092-281-6843
5/12(金)19:30〜下関 "BILLIE" 0832-63-6555

"Last Winter" 発売記念ライブツアー
KEN G(ts,ss), San Murata(violin), Dan Ionescu(g), 他
5/18(木)20:00〜 山口市 "PORSCHE" 083-924-4616
5/19(金)山口市阿知須 "てしま旅館" 0836-65-2248
5/20(土)20:00〜 宇部市 "BOB" 0836-33-4088
5/21(日)18:30〜 福岡市 "SOUL BIRD" (元福岡ブルーノート) 問080-3970-7012
5/22(月)20:00〜 新宿 "DUG" 03-3354-7776
5/24(水)19:30〜 銀座 "TACT" 03-3571-3939
5/25(木)19:30〜 吉祥寺 "赤いからす" 0422-21-7594

その他、告知事項等
私のnew album "Last Winter"、"Tenderly"がスイングジャーナル5月号のディスクレビューに載っています。よかったら見てみてください

Tenderly
1. Beatrice/2. How Deep is the Ocean/3. Ask Me Now/4. Tenderly/5. Say It/6. Darn That Dream/7. Easy Living/8. As Time Goes By/9. Blue in Green/10. Body and Soul/11. Too Young to Go Steady
KEN G(ts,ss), NORMAN AMADIO(p),special guest SAN MURATA(violin)Jazz Exchange Project CANADA-JAPAN jex-05002
http://catfish-records.ocnk.net/product/1206
Copyright(c) 2004 jazzsmile All Rights Reserved